投稿日:

雷から昔の人の想像力の高さを思う

先々週の土曜日に雷が鳴りました。
そして先週の雷もものすごい音で、一時停電しました。
夏の時期に起こる雷は気温が高いことで地表の熱が熱せられるとき、上空に冷たい空気が入ってきて、地表の空気が上昇することでそれらが作用して起こります。
この起こり方を熱雷と言います。
雷には原因の違いによってこの他に界雷、渦雷という言葉もありますが、いずれにせよ雷は発生原因が科学的に分かっています。
 しかし、昔は気象のメカニズムもよく分かっていなかったので、気象現象は神様などが起こしているのではないかと認識されていました。
雷については雷神という鬼のような姿をした神様が、背負っている太鼓をばちでたたいて起こしているとされていました。
昔の屏風絵には風を司る神様である風神と一緒に描かれているものがあります。
 屏風絵にある雷神は鬼のような姿なので、とても恐ろしい印象を受けます。
このような姿になったのは雷の鋭い稲光やその轟音のすさまじさ、落雷による災害などによって人々から恐れられていたものだと推測されます。
しかし雷は大雨という自然の恵みももたらします。
そのため、雷という自然現象を神様が起こしたものだということで、雷神という神様が生まれたのだと思います。
 昔の人は説明できない現象を神様や妖怪、幽霊などの仕業と考えてきましたが、雷一つについても昔の人の想像力の高さがうかがい知れます。
このことは私たち現代人にはなかなかできないことだと思います。

http://xn--29spb7c321ejj1cv0c.xyz/

投稿日:

AAAに西島さんと宇野さんが映画美女と野獣の主題歌を披露された事について

現在映画美女と野獣が公開中の中でもありますがなんとこの主題歌をあの人気グループAAAの西島隆弘さんと宇野実彩子さんが歌い現在その動画が話題になっているようです。
それも何故かと言うと歌が上手過ぎる等で動画再生回数が一気に上がっていったようです。
またそんな事もあり歌番組で歌ってほしい等の声が多く寄せられたそうですね、その結果それがついに叶う事になりなんとミュージックステーションに出る事が決まったようです。
そして早速ですがそちらの放送気になり観てみる事にしました。
するとお二人とも凄く良かった事は良かったのですがそれと同時に思った事もありました。
それは歌いだし最初は宇野さんからと言う事で観ていると緊張し過ぎているせいか声の方が凄く震えた感じになってしまいそれが凄く観ていて伝わってくるものがありました。
それに続いて西島さんもと言う感じで、でもそれはそうですよねかなりの方がこの二人の歌を聞きたいと注目を集めている訳なのでそれなりにプレッシャーはかなりあったと思います。
それがちょっと可愛そうでしたね、でも歌自体は本当凄く良かったです。xn--t8j4aa4nuk4gua6948f74xa.biz

投稿日:

世界一美しい女性にジュリアロバーツが選ばれた事について

アメリカの方で世界一美しい女性の特集こちら毎年開かれているものなのか解りませんがこれになんとジュリアロバーツが選ばれたようです。
今回これで5度目と言う事でこれは凄いですね、現在ジュリアロバーツは49歳になるようでこの年齢では2年前に選ばれたサンドラブロックの50歳の次に年長と言う事でした。
こちらもまた凄いですね、でも選ばれるもの解る気がします。
ジュリアさん歳を重ねる事に年々綺麗になっていて凄く良い歳のとられ方をされている方だなと思います。
それくらい魅力的な女性でもありますね、またそれでいてお子さん3人も生まれこの体型でもありますのでさすがと言う感じです。
ただですね、今回選ばれたのはとても喜ばしい事でもあると思うのですが何でまた等とそう言った疑問により炎上してしまったようです。
確かに何度も選ばれるとそう思う方も多くなってくるかもしれませんね、なのでこれは何度目以上になったら次の方に譲るかたちにした方が今後は良いのかなとも思いました。参照ページはこちらから

投稿日:

知人のお子さんが書道を習っている話

夏の朝になる時間帯って何時くらいでしょうね。
五時は過ぎるのでしょうか。
朝になると、元気が出始めるのに、それまでは妙に落ち込んでしまうのですが、それはなんででしょうね。

そういえば、さっき書いた知人ですが、その知人のお子さんが書道教室に、やはり通っているとは聞いていて、納得できたのは、知人の文字を見た時でした。
手書きの線がとてもきれいな楷書になっているからでした。
普通、書き方があって、それを教えてもらって、手書きってきれいに見えるのです。
我流で書道はうまくなりません。

本を読んで学んでも良いでしょうが、知人の文字は、ある意味完璧でした。
知人は以前、失敗は誰にでもあるよーなんて話していましたけれど、そうかもなと思いました。

やってみてから答えを出すという昔から聞いている言葉を思い出しました。
ちゃんとやるところまでやって、それから結果を待ってみるのも良いのではないかと、僕もなんだか納得できました。

カエルが押してくれるような感じがしました。

xn--n9ji9iz06k2cdy6aj21iqi2cs5dpueo61b.xyz