投稿日:

知人のお子さんが書道を習っている話

夏の朝になる時間帯って何時くらいでしょうね。
五時は過ぎるのでしょうか。
朝になると、元気が出始めるのに、それまでは妙に落ち込んでしまうのですが、それはなんででしょうね。

そういえば、さっき書いた知人ですが、その知人のお子さんが書道教室に、やはり通っているとは聞いていて、納得できたのは、知人の文字を見た時でした。
手書きの線がとてもきれいな楷書になっているからでした。
普通、書き方があって、それを教えてもらって、手書きってきれいに見えるのです。
我流で書道はうまくなりません。

本を読んで学んでも良いでしょうが、知人の文字は、ある意味完璧でした。
知人は以前、失敗は誰にでもあるよーなんて話していましたけれど、そうかもなと思いました。

やってみてから答えを出すという昔から聞いている言葉を思い出しました。
ちゃんとやるところまでやって、それから結果を待ってみるのも良いのではないかと、僕もなんだか納得できました。

カエルが押してくれるような感じがしました。

xn--n9ji9iz06k2cdy6aj21iqi2cs5dpueo61b.xyz